医学部予備校福岡PMDで基礎固めから始めることが出来ました

PMD医学部予備校福岡に切り替えて良かった

医学部に特化した予備校と大手の予備校との差に驚いた : PMD医学部予備校福岡に切り替えて良かった : 志望していた大学に入学することが出来るようになった

しかし、それ程簡単な問題のテストを実際に受けてみると半分ぐらいしか正解することが出来ていませんでした。
不本意な結果でしたが、今の現状を思い知らされた結果になりました。
講師の方にも、このような問題が完璧に解けるようにならないと次のカリキュラムに進むことが出来ないと言われてしまったのです。
それほど基礎的なことが、何も習得することが出来ていなかった状態でした。
大手の予備校に何年通っていたとしても、いつまでたっても成績が間違いなく変わらない状態のままであったと思うのでPMD医学部予備校福岡に切り替えて良かったです。
自分の学力がまだ身についていないことを講師の方に知られてしまうのは正直に言うと嫌でしたが、分かっていない部分がどこなのかを指摘してくれたところから、本格的な入学試験対策の勉強が始まったような気がします。
確認テストで解くことが出来なかった問題を解くためのポイントについて解説してもらい、その分野の理解を深めたところでもう1度確認テストを行うと言った方法で、着実に授業が進められていきました。
ですので確実に基礎固めをすることが出来て、模擬試験の成績も少しずつ上がっていったのです。
英語が苦手科目だと思っていましたが、基礎的な部分においては英語の方が、それ程問題があった訳ではありませんでした。